グローバルナビ


島根県郷自慢益田市の名産物



益田特産「活き鮮魚」

益田市には7つの漁港があり、海辺は昔からの漁村風景が広がる漁師まちです。魚市場では早朝から競りが始まり、市内の市場へと流れていきます。水揚げは1位はブリ、鰯・真アジ・真イカ・ヒラメ・真鯛などが獲られています。石見西部地域栽培漁業部会では、毎年4〜7月にかけてヒラメを中間育成して、益田の海岸に放流しています。

益田市役所産業振興課:0856-31-0365


益田特産「あわび・わかめの種苗」

飯浦町ではアワビ・ワカメの種苗を生産しています。アワビの稚貝、年間160,000ヶ生産し、益田市漁協では3万ヶ放流しています。ワカメの種苗も年間10,000m生産しています。サザエ・ロブスターの畜養もし、安定供給に努めています。

益田市役所産業振興課:0856-31-0365


益田特産「水産加工品」

ワカメの加工品、しぼりわかめ・あぶり板わかめ・わかめご飯・ワカメスープや手摘み焼き海苔などの加工品や、いりこ、ウニの加工品のほか、カレイ・スルメ・アジ・のどくろ・甘ダイ・・・など、干物加工品の生産も充実しています。

益田市役所産業振興課:0856-31-0365


益田特産「高津川の鮎」

高津川は全国の一級河川の中でも珍しくダムが無い河川です。河川水がダムに貯水されることが無いため、常に新鮮で豊かな水量を湛え、たびたび増水することで川底を一掃し清流が保たれています。鮎は川底の石に付く苔を削り取るように食べて成長します。清流が保たれていることで良質の苔が発生し、香り高い鮎が生まれ育ちます。

益田市役所産業振興課:0856-31-0365


益田特産「わさび」

水のきれいな益田市では、山中の渓流などで約2・3年の歳月をかけて、わさびの栽培が行われています。渓谷は木も多く、冷涼な気温そして美味しい水と、大変わさび栽培には向いています。

益田市役所産業振興課:0856-31-0365


益田特産 西条柿

大黒様の打出の小槌によく似た特徴的な形をしています。柿の中でもとびっきりの甘さで、その肉質はとても上品で緻密です。硬すぎず、柔らかすぎず絶妙の食感が味わえます。
旬は、10月下旬〜11月中旬ごろです。

JA西いわみ営農センター:0856-23-1911


益田特産 まろ柿

西条柿を乾燥させたまろ柿は、従来の干し柿に比べて、柔らかく鮮やかなオレンジ色をしていて、まろやかな甘さで上品な味わいが楽しめます。益田市にゆかりの深い柿本人麿の「麿」とまろやかの「まろ」から「まろ柿」と名付けました。
旬は、11月中旬〜1月下旬です。

JA西いわみ営農センター:0856-23-1911


益田特産 メロン

益田市の特産品の代表的な存在で、6月には糖度14度以上の甘いアムスメロン、7月と10月には薫り高く美しい網目のアールスメロンが出荷されます。

JA西いわみ営農センター:0856-23-1911


益田特産 ゆず

美都のゆずは、晩秋に鮮やかな黄色となり、ほんのりとした芳香を放ちます。絞りたてはフレッシュでさわやかな酸味と香りを放ち、料理の隠れた名脇役です。また、ジュース、ドレッシング、石けんなど多くの品に利用されています。
旬は、8月下旬から1月上旬ごろです。

JA西いわみ営農センター:0856-23-1911


益田名物「日本一自然できれいな河川・高津川」

高津川は西中国山地に発し、益田市を81km流れ、日本海へと注いでいる、一級河川ですが、その水の美しさには定評があり、平成18・19年と連続日本一を全国水質検査で評価されています。

益田市役所産業振興課:0856-31-0365


萩の特産品 焼抜蒲鉾

萩市は焼抜蒲鉾発祥の郷です。萩の焼抜蒲鉾は、近海で漁獲された新鮮な生魚エソを主原料に造ります。松板に盛り付け、樫の極上炭火で板面をゆっくり焼き上げた後、反転して表面を急速に焼き上げる加熱法で造られることから、焼抜と呼ばれるゆえんです。適度の弾力と独特な風味を備えたのが、萩・焼抜蒲鉾の特長です。

萩市観光課:0838-25-3139
萩蒲鉾組合:



浜田漁港の歴史は古く応神天皇の世(270年)

浜田漁港の歴史は古く応神天皇の世(270年)で、浜田近海の漁場が開発され、天然の湾に恵まれた水産の町として発展し、今日では西日本有数の漁業基地に成長している。島根県沖から山口県沖にかけての、日本有数の漁場で漁獲した魚を、「どんちっちアジ」「どんちっちノドクロ」「どんちっちカレイ」を山陰浜田を代表する「どんちっち漁」としてブランド化し特産品として供給しています。

浜田市水産課:0855-22-2612