グローバルナビ


福井県郷自慢越前町の名産物



越前町特産 越前かに

越前町は漁とともに栄えてきた町です。冬の味覚の王様、越前がにの漁は11月6日〜翌年3月20日まで行われます。季節風が吹き始める頃 漁が解禁になると、町は活気づきます。越前では雄をズワイ、雌をせいこと呼び、多くのグルメをうならせます。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 越前かれい

越前カレイはアカガレイのことです。水深150〜900mの砂泥底に生息しています。越前かれいの漁は毎年9月1日〜翌年5月31日まで行われます。刺身で食べると大変美味しいのですが、鮮度を保つのが難しく・・・是非越前を、訪れて召し上がってみて下さい。一般的には焼く・煮る・揚げるなどで食べられています。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 甘えび

甘えびの学名は「ホッコクアカエビ」といいます。水深200〜400m付近に生息しています。生を味わうのが、一番です。トッロとした食感と甘味が特徴です。丸のまま塩焼き・唐揚げ・鍋物・茶碗蒸しなどにも美味しいです。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 ホタルイカ

カニのシーズンを終えた越前漁港では春のホタルイカ漁が本格化します。水揚量は480トンくらい、越前漁港ではアカガレイについで2番目の漁獲量を誇ります。ホタルイカ漁は午前2時ごろ出港し、底引き網漁船が海底200mから水揚し次々と戻ってきます。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 浜焼さば

夏場、傷みやすい鯖を保存するために考え出された「焼きサバ」です。姿のままサバを、ダイナミックに竹串して丸焼きされています。新鮮なサバを丸焼きしているので、素朴ですが大変美味しく、県内外から好評で求められています。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 スイカ・ピーマン・椎茸など

越前町宮崎地区は筍の産地で有名ですが、スイカ・ピーマン・シイタケ・ジネンショも特産品です。スイカの特徴は堆肥を用いた土づくりをおこなっていることです。糖度が高く、シャリシャリ感が美味しさを増します。ピーマンは大柄で皮が薄く、臭みや苦味がなく、フルーツ感覚のピーマン出す。椎茸は無農薬で自然の原木で育った、肉厚の椎茸、炭火で焼くのが一番美味しい。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 タケノコ

越前町の宮崎地区のタケノコは赤土で育つため、「赤子」と呼ばれ、アクがなく甘みがあって柔らかさが自慢のタケノコです。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 地酒

「かすなもん」とは地元の方言で「上等、一番、宝物」を意味します。地元で収獲した酒米の王様「山田錦」を使用し、越前若狭の美味しい水で仕込まれ、芳醇な香りを持ち、飲み口が柔らかく、搾りたての旨みが封じこめられています。女性にも飲みやすい仕上がりになっています。越前町には2軒の酒蔵があります。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


越前町特産 越前焼

日本六古窯の産地である越前焼は、宮崎・織田を中心に平安時代から850年以上の歴史があります。現在200基以上の古窯が発見されています。これらの大規模な古窯で、かめ・壺・すり鉢・舟徳利・おはぐろ壺など、日用雑貨が焼かれていました。温かみのある土と灰釉の味わいを秘めた、民芸的な美しさを持ち、その伝統は今日までに引き継がれ多くの人々に愛好されています。

越前町役場商工観光課:0778-34-8720


敦賀特産 浜焼きサバ

獲れたてのサバをその場で焼きあげてしまう「浜焼きサバ」は、内臓を取ったサバに包丁目を入れて、串に刺して焼きあげます。新鮮なサバは脂肪・水分が多く、焼くのも、包丁目を入れるのも高度な技術が必要です。京都の祇園菜では、おこわと一緒に浜焼きサバが食卓に並ぶのが恒例ですが、敦賀では生姜醤油で食べるのが恒例で、夏の夏バテ対策に!冷めても美味しい「浜焼きサバ」です。

敦賀市役所商工政策課:0770-22-8184


金沢特産 日本三大菓子処の加賀の和菓子

金沢は京都・松江にならぶ日本の三大菓子処です。金沢の菓子の消費量は全国でもトップクラスで、金沢の菓子文化を伝えています。

金沢市役所観光交流課:076-220-2194