グローバルナビ


北海道郷自慢松前町の名産物



松前町自慢 松前マグロ船団

徳川幕府が慶長9年(1604)に、日本最北の松前藩を設け藩は蝦夷地を支配し、豊な海の産物や交易を独占し、北前船は莫大な富を松前藩にもたらした。古い歴史と伝統のある漁業も同じく繁栄し、津軽海峡の好漁場に恵まれた松前でも、マグロ漁業も盛んになり発展した。今では、マグロは松前の海を代表する自慢の魚になっています。

松前町役場水産課:0139-42-2275
松前さくら漁業協同組合:0139-44-2211


松前町特産 松前本まぐろ

津軽海峡に面する松前漁港は、一本釣りマグロ漁の漁業基地として有名で、漁師たちは一本釣りマグロ漁にこだわり、釣り上げた本マグロを港に水揚げしています。夏から秋まで津軽海峡で獲れる、本マグロは身が締まり高級感が味わえます。大物サイズ本マグロは、都心に高値で引きとられて行きます。

松前町役場水産課:0139-42-2275
松前さくら漁業協同組合:0139-44-2211


松前町特産 ウニ

松前では、桜のシーズンと共にウニの身入りが一番美味しい季節となります。ウニは殻を割ると、中に5つの身が入っています。その身を取り出してわさび醤油で頂くのが一番美味しい食べ方です。ウニの季節は8月までです。

松前町役場水産課:0139-42-2275
松前さくら漁業協同組合:0139-44-2211


松前町特産 真イカ

スルメイカの産地は松前と言っても過言ではない程、たくさんのスルメイカが水揚げされている漁師まちです。朝獲りされた「松前イカ」は、全国に供給され「生鮮イカ」で販売されているブランド魚です。

松前町役場水産課:0139-42-2275
松前さくら漁業協同組合:0139-44-2211


松前町特産 蝦夷アワビ

松前の前浜では蝦夷アワビが取れます。北海道の荒磯で鍛え上げられるため、身の締まりが良く、小ぶりの割には値が張るアワビとして本州の高級料理店で人気があります。地元では、アワビご飯や煮付けなどで多く食べられています。

松前町役場水産課:0139-42-2275
松前さくら漁業協同組合:0139-44-2211


松前町特産 真タラ

11月から12月が漁期と、短い期間の刺し網漁で獲れる冬の魚です。オスの真タラは、グルメ志向の刺身に。メスの真タラは、子卵・鍋料理にかかせない、冬の定番魚です。

松前町役場水産課:0139-42-2275
松前さくら漁業協同組合:0139-44-2211


松前町特産 松前スルメイカ

松前では、豊富に水揚げされたスルメイカを乾燥し「するめ」に加工し、昆布と共に結婚式やお正月に欠かせない物になっています。現在も20工場で生産し隣町の福島町と合わせて、全国シェア8割を占める日本一のスルメ産地です。

松前町役場水産課:0139-42-2275


松前郷土料理 松前漬け発祥の地

松前漬けは名前の通り松前藩が発祥の地です。元々は、数の子が豊富にとれて、余ったものをスルメと昆布を合わせて塩に漬け込んだのが始まりです。現在の松前漬けは昭和12年に山形屋さんによって商品化され全国に知られるようになりました。

松前町役場水産課:0139-42-2275


松前本まぐろPRイベント

本年9月には松前本まぐろPRイベントが松城商店街で2日間開催され、本マグロの解体ショーや即売会などが行われる予定です。

松前町役場商工観光課:0139-42-2275


松前さくらまつり

桜の名所100選に選定されている松前公園には約1万本250品種の桜が生息し、4月下旬から5月下旬まで早咲き・中咲き・遅咲きと約1ヶ月間桜の花が楽しめます。期間中は武者軍団パレード、松前物産フェア、郷土芸能披露、山車巡行など多彩な、催しが繰り広げられます。

松前町観光協会:0139-42-2726


寿都町特産 天然活アワビ

寿都産の天然活えぞアワビは、磯の香りとコリッとした食感が特徴です。通年味わう事ができ、刺身・焼き物・煮物どれでも美味しく召し上がれます。アワビは栄養も高く、疲労回復・精力増進、動脈硬化や高血圧・視力低下の予防にもなります。

寿都町漁業協同組合:0136-62-2555



福島町 何歳になってもデキル・福島のコンブ養殖漁業

福島吉岡漁協同組合では、イカ、ホッケ等の漁船漁業が主体でしたが、最近は安定した水揚量が望めるコンブ養殖漁業も主体漁業となっています。本海の荒波と津軽海峡の急流で育てられた、福島町産真昆布は、昆布の中では最上級の黒口昆布です。「松前こぶ」と呼ばれるこの地の真昆布は、最長2mにもなる肉厚の昆布で、香り・風味が高く特にだし昆布として珍重されています。自然豊かな津軽海峡の急流の海で、丹精こめて育てられた真昆布で甘味が強く、おでん、昆布巻き、寄せ鍋、煮しめなど、広く料理に利用されています。また、「やわらか昆布」は津軽海峡の海で丹精込めて育てられた黒口昆布。若いコンブなので柔らかく、様々な料理に使うことができます。

福島町水産商工課:0139-47-3004
福島吉岡漁業協同組合:0139-48-5311
福島吉岡漁業協同組合福島支所:0139-47-3131